2020年度 理事会役員のご紹介

名誉会長
宮川学 大使
会長
桜木由美子
日本人会の方々の楽しくってバラエティ溢れた人間性に魅せられて、会長として参加させて頂く事になりました。皆様と一緒に、日本人会の更なる充実と発展に貢献したいです。西東京、八王子出身。アメリカにおいて分子化学生物学でPhD取得後ポスドク、コペンハーゲン大学植物環境学部の准教授を経て、現在FMCコーポレーションの上級研究員兼Biosafety officer.

理事
ラワセン君子
ユランの理事として10年間努力して来ました。これからも一層会員の皆様と一緒に喜ばれる会にしたいと思ってますのでよろしくお願いします。
理事
大野睦子
ビヤーソゥー
デンマーク社会で32年仕事をし、日本の文化からかなり離れていましたが、理事になって多くの日本人の方と交わる機会を持ち、自分の生まれ持ったルーツを大切にすることの重要さを深く感じました。2010年から理事会のメンバーになりました。これからも会員の方々にとって、意味があり楽しんでいただける日本人会を目指して頑張っていきたいと思っています。

理事
大福晴美
Fyn島での日本人会活動をより活発にさせよう!」という抱負を抱えて理事会に入りました。そして、理事会がつくる日本人会ではなく、会員みんなでつくる参加型日本人会を目指しています。こういうことをやってみたい、こういうことに興味があるなど、皆さんのご意見や企画提案などお待ちしております。
大福晴美(通称みみ)
理事
ヴィンスルー美智子
フランスに憧れて日本を立ったのに、行き着いたのがデンマーク。この土地に完全に順応しようと夢中に暮らしていました。2011年、東日本大震災で、日本と繋がり続けることの大切さを実感させられました。そして一度退会した日本人会に再入会し、2012年から理事会でボランティアをしています。在デンマーク計30年。大好きなデンマークと日本を結び、会員の皆さんのお役に立てますように!どうぞ本年度も宜しくお願い致します。

理事
薗畑敦子

理事

クルスチャンセン愛


補佐
Pedersen Merete
デンマーク人で、名前はメレーテ・ピターセンです。ずっと前のことですが、コペンハーゲン大学の東洋学部で日本語学科の大学院修士課程を修了しました。色々な日本に関係のある仕事をしたことがありますが、1996年から2016年まで約20年間コペンハーゲン大学のアジア学科のアジア図書館に勤めていました。退職してから、大好きな江戸時代の版本や浮世絵や狂歌などをもう一度勉強し始めました 。補佐を務めながら在デンマーク日本人の社会にほんの少しであっても、奉仕できれば幸いです。
補佐
大城直子


補佐
石井ドッドソン真紀
今年で3年目を迎えるオデンセの日本語教室寺子屋の運営のお手伝いをしています。

少人数で和気あいあいと月に1度集まっています。

子供たちの日本語や日本文化への興味だけでなく、普段は別々の学校に通う年齢層も異なる子供たちの絆が深まるのを見守るのが醍醐味です。ユラン寺子屋との交流も今後とも活発に行いたいと思っています。

補佐
中尾竜
補佐
山川 愛

顧問
緑フィッシャー
20年ほど前から日本人会の活躍にかかわらせていただいています。最近は、欧州各国の日本人会、日本語教育に携わる諸組織、その他の邦人の集まりからなる「欧州日本人ネットワークENJA」を通じて、在欧邦人の生活改善にお役に立ちたいと思っております。ENJAから発信される各種情報が広く活用されますように。
顧問(桜祭り)
マイヤー和子
会長の座をおりて、「シニアの会」と「桜祭り」を専門に会の支援を続ける事になりました。来年2021年で14年目を迎える桜祭りは、デンマークと日本の文化交流になくてはならないコペンハーゲン行事として定着しました。これからどう発展させていくか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

参与
相川傑 領事
ユランド・フュン
顧問
高井 久光
デンマーク在住33年。デンマーク体操で有名なオレロップ体育アカデミーに留学したのが始まりで、現在、同校下部組織INTACの理事長を勤めています。本職は国立農業科学研究所の主任研究官。コペンハーゲンの王立獣医農業大学助教授、北海道江別市の酪農学園大学客員教授も兼務。専門は農業工学です。